エルピオでんき シン・エナジー

シン・エナジーVSエルピオでんきの比較|どっちが良いか料金表にして地方別にまとめ

シン・エナジーVSエルピオでんきの比較

シン・エナジーVSエルピオでんきの比較

この記事ではシン・エナジーとエルピオでんきを比較して解説しております。

 

家庭の電気を安くするのに、シン・エナジーとエルピオでんきのどちらかで迷っていますか?

この二つの新電力は電気代が安くなると評判の新電力です。

どちらも新電力では甲乙つけがたい。だから、2つの新電力の特徴を捉えるのがポイントになります。

ただし、確実に安くするためにはライフスタイルにあったプランを選ぶ事が重要です。

家庭のよってはどちらかを選ぶと高くなってしまう可能性も考えられますので注意が必要ですね。

 

シン・エナジーとエルピオでんきの特徴と料金を比較して解説致します。

この記事でわかること

  • シン・エナジーとエルピオでんきの特徴の比較
  • シン・エナジーとエルピオでんきの料金をエリア別で比較

 

シン・エナジーとエルピオでんきの基本的な特徴について

シン・エナジーとエルピオでんきはどちらも人気の新電力です。

この二つの新電力の特徴について解説していきます。

 

シン・エナジーの特徴は?

シン・エナジーは兵庫県に拠点を置くエネルギー事業を展開する企業です。

提供エリアは北海道以外です(離島などでは利用できない場合があります)。

 

シン・エナジーでは特に再生可能エネルギーの開発に力を入れていて、太陽光発電所やバイオマス発電所などの環境に優しい発電施設を全国に設置してます。

 

シンエナジーは次のようなライフスタイルに合わせたプランを選ぶことができるのも特徴です。

 

  • 夜間の電気代が安くなる【夜】生活フィットプラン
  • 昼間の電気代が安くなる【昼】生活フィットプラン

また、シン・エナジーは電気利用料金が200円につきJALのマイルが1マイル貯まります

カンタンにシンエナジーを言うと、生活スタイルに合わせたプランを契約すればガラッと電気代を安くできる個性的なプランです

 

エルピオでんきの特徴は?

エルピオでんきは50年以上ガスの供給を行なっているエルピオの電力です。

50年以上ガスの提供を行なってきたエネルギー企業だけあって、エルピオガスとセットにする事で毎月100円引きになる従来の電気代やガス代を節約できます

 

基本料金はの有無はエリアで事なり、電力量料金も事なります

カンタンにエルピオでんきの特徴を言うと、生活スタイルに関係なく基本的な電気代が今よりも底下げして安くできる万能なプランです

 

シン・エナジーとエルピオでんきの料金を地域別にそれぞれ比較

シン・エナジーとエルピオでんきの料金を地域別にそれぞれ比較

シン・エナジーとエルピオでんきの料金を地域別にそれぞれ比較

シン・エナジーとエルピオでんきをエリア別にまとめましたので紹介致します。

シン・エナジーは昼間のみ安くなるプランと夜間のみ安くなるプランも有りますが、ここでは比較のために「きほんプラン」で紹介致します。

 

東北電力エリアの場合

東北電力エリアでシン・エナジーとエルピオでんきを比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 シン・エナジー エルピオでんき
30A 980.83円 743.52円
40A 1307.78円 937.04円
50A 1633.70円 1171.29円
60A 1960.65円 1497.22円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

消費電力 シン・エナジー エルピオでんき
120kWhまで 18.31円 23.24円
120kWh〜300kWh 24.42円
300kWh以上 26.79円

 

電力量料金を比較するとシン・エナジーは段階的に上がりますが、エルピオでんきは一定です。

この場合電気をほぼ使わない家庭ではシン・エナジーの方が安くなる可能性が高く、エルピオでんきは逆に高くなってしまう可能性があります。

 

しかし120kWh以上ではエルピオでんきの方が安くなりますので検針表を確認してください。

 

東京電力エリアの場合

東京電力エリアでシン・エナジーとエルピオでんきを比較します。

 

エルピオでんきは30Aの場合はスタンダートライトプラン、40A以上はスタンダードプランとなります。

 

利用するアンペア数によって電力料金も違いますのでご注意ください。

 

基本料金

契約アンペア数 シン・エナジー エルピオでんき
30A 768.34円 858.00円
40A 1024.45円 1086.80円
50A 1280.56円 1344.20円
60A 1536.68円 1613.04円

 

エルピオでんきスタンダートライトプラン(30A)の電力量料金(1kWhあたりの料金)と比較

消費電力 シン・エナジー スタンダードライト
120kWhまで 19.67円 21.14円
120kWh〜280kWh 24.78円 23.03円
280kWh以上 27.71円 25.78円

 

エルピオでんきスダンダードプランS(40・50A)の電力量料金(1kWhあたりの料金)と比較

消費電力 シン・エナジー スタンダードプランS(40・50A)
120kWhまで 19.67円 18.84円
120kWh〜280kWh 24.78円 23.03円
280kWh以上 27.71円 25.78円

 

エルピオでんきスダンダードプランS(60A)の電力量料金(1kWhあたりの料金)と比較

消費電力 シン・エナジー スタンダードプランS(60A)
120kWhまで 19.67円 18.65円
120kWh〜280kWh 24.78円 23.03円
280kWh以上 27.71円 25.78円

 

エルピオでんきの場合、東京電力エリアではアンペア数によってプランや電力料金が違いますが、40A以上では基本料金も安く電力量料金も安いです。

 

このように比較するとアンペア数が大きいほどエルピオでんきの方が安くなる可能性が高いです。

 

中部電力エリアの場合

中部電力エリアでシン・エナジーとエルピオでんきを比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 シン・エナジー エルピオでんき
30A 824.95円 743.52円
40A 1101.59円 937.04円
50A 1375.25円 1171.29円
60A 1649.91円 1497.22円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

消費電力 シン・エナジー エルピオでんき
120kWhまで 20.40円 23.62円
120kWh〜280kWh 23.87円
280kWh以上 25.24円

 

中部電力エリアでは一人暮らしなどあまり電気を使わない家庭ではシン・エナジーの方が安くなる可能性が有ります。

しかし電気を多く使う家庭の場合はエルピオでんきの方が安くなる可能性が大きいです。

 

北陸電力エリアの場合

北陸電力エリアでシン・エナジーとエルピオでんきを比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 シン・エナジー エルピオでんき
30A 704.22円 0円
40A 938.96円 0円
50A 1173.70円 0円
60A 1408.44円 0円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

消費電力 シン・エナジー エルピオでんき
120kWhまで 17.30円 21.03円
120kWh〜300kWh 20.78円
300kWh以上 22.74円

 

エルピオでんきは北陸電力エリアの場合基本料金がなく、使った分だけの料金となります。

 

300kWh未満ではシン・エナジーの方が単価が安いので、2人世帯など電気をあまり使わないようならばシン・エナジーの方が良いでしょう。

 

関西電力エリアの場合

関西電力エリアでシン・エナジーとエルピオでんきを比較します。

 

最低料金

シン・エナジー エルピオでんき
304.01円(15kWhまでの使用) 0円

 

消費電力 シン・エナジー エルピオでんき
120kWhまで 19.81円 22.2円
120kWh〜300kWh 23.83円
300kWh以上 27.30円

 

エルピオでんきは関西電力エリアの場合基本料金が0円で使った分だけの支払いになります。

120kWhからエルピオでんきの方が安くなるので、一人暮らし以外はエルピオでんきの方が安くなる可能性が高いです。

 

中国電力エリアの場合

中国電力エリアでシン・エナジーとエルピオでんきを比較します。

 

最低料金

シン・エナジー エルピオでんき
226.11円(15kWhまでの使用) 0円

電力量料金(1kWhあたりの料金)

消費電力 シン・エナジー エルピオでんき
120kWhまで 20.72円 23.58円
120kWh〜300kWh 24.95円
300kWh以上 27.70円

 

エルピオでんきは中国電力エリアの場合は基本料金が0円で使った分だけの支払いになります。

120kWhからエルピオでんきの方が安くなるため、世帯人数が多い場合はエルピオでんきにすると良いでしょう。

 

四国電力エリアの場合

四国電力の従量電灯Aとエルピオでんきを比較します。

 

最低料金

シン・エナジー エルピオでんき
300.46円(15kWhまでの使用) 0円

電力量料金(1kWhあたりの料金)

消費電力 シン・エナジー エルピオでんき
120kWhまで 20.37円 23.94円
120kWh〜300kWh 26.48円
300kWh以上 27.81円

 

エルピオでんきは四国電力エリアの場合では基本料金がなく、使った分の一律料金になっています。

120kWhからエルピオでんきの方が安くなるため、世帯人数が多い場合はエルピオでんきにすると良いでしょう。

 

九州電力エリアの場合

九州電力エリアでシン・エナジーとエルピオでんきを比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 シン・エナジー エルピオでんき
30A 882.09円 0円
40A 1152.36円 0円
50A 1410.75円 0円
60A 1603.80円 0円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

消費電力 シン・エナジー エルピオでんき
120kWhまで 17.26円 22.91円
120kWh〜300kWh 21.39円
300kWh以上 23.43円

 

エルピオでんきは九州電力エリアの場合では基本料金がどのアンペアでも0円です。

300kWh未満まではシン・エナジーの方が安くなります。

 

4人世帯など電気を多く使う家庭以外はシン・エナジーにすると良いでしょう。

 

まとめ

シン・エナジーとエルピオでんきの比較まとめ

  • シン・エナジーはポイントが貯まる
  • 4人世帯以上はエルピオでんきの方が安くなる可能性が高い
  • 300kWh未満はエリアによって異なる

シン・エナジーとエルピオでんきの特徴と料金を比較しました。

シン・エナジーは支払いに応じてポイントが貯まるポイントが有りますが、エルピオでんきはガスとセットにする事で割引になるポイントが有ります。

 

料金の安さは世帯状況やエリアによって異なるため、お住いの地域と検針表を見て比べてみてください。

共通して言える事は、一人暮らしなど電気をあまり使わないならシン・エナジー、4人世帯など電気を多く使うならエルピオでんきがおすすめです。

 

また、シン・エナジーは昼間のみ安くなるプランや夜間のみ安くなる生活フィットプランが有ります。

生活フィットプランならライフスタイルによっては4人世帯でもシン・エナジーの方が安くなる可能性が有りますので検討してみてはいかがでしょうか。

シンエナジー&エルピオでんき関連記事

-エルピオでんき, シン・エナジー

© 2021 新電力で電気代を節約する比較サイト~デンガス革命~ Powered by AFFINGER5