未分類

J:COM電力のデメリット

 

この記事ではJ:COM電力のデメリットについて解説しております。

 

J:COM電力に切り替える前にあらかじめデメリットを知っておくことで後悔が少なくなると思います。

特に注意しておきたいのは申し込み手数料と契約解除料金の存在です。

 

他の新電力について知らないで比較することなく申し込んでしまうと損をしてしまいますので、J:COM電力へ申し込もうと考えている方はデメリットとメリットを把握し、納得して申し込んでください。

 

この記事でわかること

  • J:COM電力のデメリットについて
  • J:COM電力のメリットについて

 

J:COM電力3つのデメリット

J:COM電力に申し込む前に確認しておきたいことがデメリットです。

なぜならこのデメリットを知っておかないと公開する可能性が高いからです。

 

J:COM電力のデメリットは他の新電力と比較しても大きいので以下のことを必ず把握してください。

 

J:COM電力のデメリット

  • 加入手数料3300円かかる
  • プラン変更で3300円かかる
  • プランによっては契約解除料金が高い

 

J:COM電力のデメリットについて一つずつ解説していきます。

 

加入手数料3300円かかる

J:COM電力のデメリットとしてまず確認しておきたいことが加入手数料です。

申し込むだけで3300円(税込)もかかってしまうので注意が必要です。

 

知らないとこれが普通と思いがちですが、地方電力や他の新電力ではこのような加入手数料がありません

申し込むだけで損をしてしまう可能性がありますのでご注意ください。

 

プラン変更で3300円かかる

J:COM電力はプラン変更の場合には3300円(税込)のサービス変更手数料がかかります

 

手数料がかかるプラン変更パターン

  • J:COM電力を含む長期契約プランからJ:COM電力を含まない長期契約プランへ変更する場合の料金
  • 電力サービス開始日から1年未満で契約電流または契約容量の減少を伴う契約種別・アンペアに変更する場合の料金。
  • J:COM電力の契約種別。契約プランを変更された日から1年未満で契約電流または契約容量の減少を伴う契約種別・アンペアに変更する場合の料金。

 

プランによっては契約解除料金が高い

J:COM電力は基本的には解約金がないとされています。

 

しかし長期契約プランを解約する場合には2000円〜20000円の契約解除料金を支払わなければならない場合があります。

 

契約解除料金の一例を紹介します。

プラン名 契約期間 解約解除料金
スマートお得プラン HOME セット/スマートお得プラン 電力・HOME セット/
スマートお得プラン ガス・HOME セット/スマートお得プラン 電力・ガス・HOME セット
2年 20,000円
スマートお得セレクト HOME セット/スマートお得セレクト 電力・HOME セット/スマートお得セレクト ガス・HOME セット/スマートお得セレクト 電力・ガス・HOME セット 2年 10,000円
スマートお得オンデマンド HOME セット/スマートお得オンデマンド 電力・HOME セット/スマートお得オンデマンド ガス・HOME セット/スマートお得オンデマンド 電力・ガス・HOME セット 2年 10,000円

 

このようにかなり高額になる場合がありますので注意が必要です。

 

J:COM電力3つのメリット

J:COM電力のデメリットについて把握したところでメリットについても知っておきましょう。

 

J:COM電力のメリットは以下のものがあります。

 

J:COM電力のメリット

  • 料金が安くなる料金プラン
  • J:COMのサービスを利用していると大幅に電気代を安くできる
  • オール電化向けプランがある

 

料金が安くなる料金プラン

J:COM電力の料金プランは大手電力会社と同じように基本料金と電力量料金から電気代が算出されます。

基本料金は地方電力と変わりありませんが、電力量彫金は地方電力かわ割引になって請求されます。

 

使った電力量によって3段階に分けられ、電力の使用量が多いほど割引になります

 

J:COM電力に申し込んだことで逆に高くなるパターンはありませんので安心してください。

 

J:COMのサービスを利用していると大幅に電気代を安くできる

J:COM電力の特徴はJ:COMのバックグラウンドを最大限に活かしたセット割が充実してるところです。

 

J:COM電力はJ:COMのケーブルテレビやインターネット回線などセットで電力の契約をすると12ヶ月、もしくは24ヶ月連続で300円割引される「スマートお得プラン」を提供しています。

 

またテレビやインターネットだけでなくガスとのセット割もあり、毎月料金から100円引きにできます。

 

オール電化向けプランがある

J:COM電力はオール電化向けのプランを提供しています。

オール電化向けプランは深夜の電力量料金を割安にすることで電気代を節約することが可能です

 

J:COM電力ではオール電化向けプランを東京電力のオール電化向けプランと同じ形態のプランを提供しています。

 

大手電力会社よりも0.5%〜3%ほど割安な価格設定になっています

 

オール電化の家庭の方で夜間の電力使用量が多い家庭ではJ:COM電力にすることで節約できます。

 

まとめ デメリットとメリットを比較した結果

J:COM電力デメリットとメリットのまとめ

  • 申し込みに手数料がかかる
  • 長期プランでは解約金が高額
  • プラン変更で費用がかかる場合がある
  • 電気代はほぼ確実に安くなる
  • J:COMのサービスを利用していると料金が安くなる
  • オール電化向けのプランがある

 

J:COM電力のデメリットは他の新電力のデメリットと比較しても大きいです。

契約に費用がかかる新電力は本当に少ないので、3300円(税込)もかかるのは大きな負担となります。

 

また、長期割引のプランを申し込んでいる場合の契約解除料金が高すぎます。

解約金がかかる新電力は他にもありますが、J:COM電力の最大20,000円は他にないケースなので申し込む前から注意してください。

 

しかし、電気代はほぼ確実に安くすることができます。

地方電力の電気代から割引されるようになっているので、いつも以上に使いすぎない限りは電気代を安くすることができます。

 

J:COMのサービスを利用しているならさらに割引になりますのでおすすめです。

しかしJ:COMのサービスを一切利用していない方はデメリットが大きいので他の新電力の方がいいでしょう。

 

このサイトでは様々な新電力のデメリットや評判、料金などについて解説しておりますので併せて参照されてみてはいかがでしょうか。

 

-未分類

© 2021 新電力で電気代を節約する比較サイト~デンガス革命~ Powered by AFFINGER5