新電力会社

いわて電力の解約をまとめ【手順・解約金・引っ越し手続きなど】

いわて電力の解約まとめ

この記事ではいわて電力の解約について解説しております。

 

いわて電力を解約する時に、手数料や違約金などの解約金が発生するのか気になるところですね。

解約する際の手続き方法はどのようにすればいいのかわからないですよね。

 

解約金に対して結論を先に言いますと、いわて電力は解約金がありません

解約時の手数料や違約金などの請求は行なっていません。

いわて電力は岩手県の将来のために設立された岩手の地域電力会社でエリアは東北電力管轄内では契約することができます

いわて電力を解約する方法は難しいと想像してしまうこともあると思いますが、簡単に手続きを行えますので安心してください。

 

この記事でわかること

  • いわて電力の解約金
  • いわて電力の解約方法
  • いわて電力解約後の注意点

 

いわて電力の解約金・違約金について

いわて電力の解約金・違約金

いわて電力を解約を考えた時に解約金がいくらかかるのか知っておきたいですよね。

 

申し込んでから思ったより料金が安くならなくて他に切り替えたくなったり、引越しをすることで解約しなければならないこともあるでしょう

 

電力会社を解約する場合の解約金は解約手数料や違約金を請求される場合があります。

いわて電力を解約する時に、このような負担金があったら嫌ですよね?

 

現在の新規申し込みでは基本的にはいわて電力の解約金はありません!

 

いわて電力では最低利用期間が1年あり、自動更新制ですが解約金がありません。

 

ポイント

いわて電力の解約手数料:なし

いわて電力の解約違約金:なし

このようにいわて電力の現在の申し込みでは基本的に解約金がかかりません。

 

注意ポイント

新電力のサービス全てが解約金が0円ということはなく、中には高額な違約金を請求する新電力もあります。

いわて電力では解約金が0円なのはメリットの中の一つです。

 

いわて電力の解約手順や引っ越しの手続きについて

いわて電力の解約手順

現在を利用していて解約を考えている方や、これからいわて電力へ切り替えを検討している方は先に解約方法を知っておくことでスムーズにできます。

 

現在の住居のまま他の電力会社に切り替える場合や、急な引越しを理由に解約しなければならない場合もありますね。

 

電力の解約にはこのように同一住所での解約と引越しでの解約の二つパターンがあります

 

電力の解約理由

  • 同一住所で電力会社を切り替える
  • 引っ越しに伴う解約

二つのパターンで解約方法が違いますので該当するものについて確認してください。

 

それぞれの解約のパターンでの解約手順を詳しく解説していきます。

 

同一住所で解約する方法

引越しをせずいわて電力から他の電力会社に切り替える場合は同一住所で切り替えるための解約になりますね。

 

同一住所でいわて電力から他の電力会社を切り替える場合の解約方法は、めんどくさくも難しくもないので安心してください。

 

いわて電力の解約手順

新しく利用する電力会社に申し込みをする。

 

同一住所でいわて電力を解約する方法は、「他の電力会社に申し込むこと」だけなのでいわて電力に解約の連絡する必要はありません

 

新電力や以前利用していた地方電力に申し込むだけで大丈夫です。

 

他の電力会社への申し込み手続きをすると、申し込んだ電力会社がいわて電力の解約手続きを行ってくれます

 

いわて電力に切り替えている方は今までの電力会社に解約をする時には申請をしてなかったですよね?

これと同じことです。

 

シンプルでわかりやすいのが電力会社の切り替えです。

 

引越しを理由に解約する方法

同一住所で他社へ切り替える場合以外の解約、つまり引っ越しなどを理由に解約する場合はいわて電力のに直接連絡する事になります。

 

いわて電力へ電話して手続きを進めて行きましょう

いわて電力電話でのお問い合わせ

電話番号:0197-73-5000

受付時間:月〜金 9:00〜17:00(土日祝日は休業)

手続きに時間がかかる事が予想されるため、引越しが決まり次第早めに申し込むことをおすすめします。

 

他の電力会社を例にすると7日前までとしているところが多いです。

いわて電力は具体的な記載がありませんが、引越し後もしばらく払う可能性があるので早めに手続きするのがいいでしょう。

 

引越し先でいわて電力を利用する場合

引越し先で新しくいわて電力を利用することも可能です。

申し込みの手続きを電話で行い案内してもらいましょう。

 

その際に供給地点番号や引越し先の住所が必要となりますので用意しておくといいでしょう。

 

解約後の注意点

いわて電力を解約した後に注意することは請求がまだ残っていることです。

新しく申し込んだ新電力に切り替えることや引越しするまで利用していた分の支払いがまだ残っています。

 

そのため支払いに利用していたクレジットカードや口座を解約しないよう注意してください

 

クレジットカードや口座を解約して支払いができなかった場合、後日に請求されますが延滞金が追加で請求されます。

 

余計なお金を払わないように注意してください。

 

 

まとめ

いわて電力解約のまとめ

  • いわて電力の解約金はない
  • 同一住所で解約する場合は新しく利用する電力会社に申し込むだけ
  • 引越しを理由に解約する場合は電話で手続きする
  • 引越し先で利用する場合は電話で手続きする
  • 解約後もクレジットカードや口座を解約しないようにする

いわて電力の解約にかかる費用はありません

解約の事務手数料や違約金など解約金は一切ありません。

 

同一住所での解約の場合は新しく利用する電力会社に申し込むだけで自動的に解約になるので手続きの必要がありません。

電力会社に申し込む→切り替わる→いわて電力の解約

 

引越しを理由に解約する場合はいわて電力に電話をして続きを行います。

念の為引越しが決まり次第電話で伝えることをおすすめします。

 

また解約した後は今までいわて電力の支払いに使っていたクレジットカードや口座の解約をしないように注意してください。

解約前までの利用料金が残っています。

 

引越しによる解約の場合は引越し先の住所を伝える必要があります。

引越し先でいわて電力を利用する場合は電話にて申し込んでください。

 

このようにいわて電力は解約金がありませんのでお試し感覚で利用することができます。

いわて電力は岩手県に貢献する意欲があり、支払いの一部を様々な活動や団体へ支援する取り組みをしています。

 

地元を支援しながら電気代を節約したいと考えている方はいわて電力を検討してみてはいかがでしょうか。

 

シンプルに電気代を安くしたい場合は他の電力会社がおすすめです。

この記事ではいわて電力以外にも様々な電力会社の評判やデメリットなどについて解説しておりますので、比較してみてください。

 

ライフスタイルにあったプランが見つかるはずです!

-新電力会社

© 2021 新電力で電気代を節約する比較サイト~デンガス革命~ Powered by AFFINGER5