都道府県

福島県の新電力会社おすすめTOP5で電気代削減!【実はやらなきゃ損】

福島の新電力会社おすすめ

福島県で電気代が高くお困りな人はいませんか?福島県は全国的にも電気代が高いと言われているそうです。

なので、電気代を安く済ませるには新電力会社が有効です。そこで今回は福島県でおすすめの新電力会社を数社ピックアップしました。

福島の基本情報

人口:約183万人

人口密度:約130人

面積:約13784㎞²

人口密度は面積÷密度で算出(1㎞²辺りの人数)

新電力会社は色々な会社が事業で行っていますが、お得になる新電力サービスもあれば、お得にならない新電力サービスもかなり存在します

この記事でわかる事

  • 福島県で契約可能なおすすめの新電力
  • 福島県内の新電力エリア
  • 福島県の新電力の選び方
  • 新電力の契約のやり方

 

福島県の新電力会社おすすめTOP5

福島の新電力会社おすすめ4社ランキング

福島県は東北電力以外でどの電力会社が契約できるか知らない人も多いと思います。

そんな人へ下記の新電力をお勧めします。

それぞれ特徴のある新電力会社ですが、評判が良くプランや料金も良いのを厳選致しました。

 

月々の固定費として電気代、ガス代は支出として大きいです。

電気代削減として優良な新電力会社を並べました。

福島でコスト削減をしたい人はご覧ください。

 

おすすめ①:シン・エナジー

シンエナジー


  • 電気料金プランが4つの個性的プランが存在でどれも評判高い
  • 初期費用・解約手数料0円だからとても安心な電力
  • 一般家庭用では「昼生活フィットプラン」「夜生活フィットプラン」「きほんプラン」3つがあり、どれも生活に合わせた電気代の使い方でピンポイントでお安くすることも可能
  • 新電力では古株の会社で人気や信頼も高い会社
  • 電気使用量が少ない1~2人暮らしの人でも安くなる珍しいプラン
  • ポイント等の特典プランは特になく、そのメリットは期待できない
シンエナジーは新電力でも非常に人気が高く、プランがユニーク♪料金としても安くなったという口コミは多いです

>>シン・エナジーの口コミや評判

 

おすすめ②:Looopでんき

Looopでんき


  • 基本料金が0円のため、その分は確実に安くなる新電力
  • 解約手数料も0円!違約金0円!
  • EV割、蓄電池割など各種割引プランあり!
  • 会社も様々なエネルギー事業をやっている信頼できる会社
  • 駆け付け無料サービスご家庭トラブルのサービスがあるアプリでの電気量確認アプリが使いやすい
新電力として1番有名なのがLooopでんきだと思います。有名であるがゆえに人気で契約者も多いサービスです。福島県の人でとりあえず電気代を今よりも安くしたいと思っている人はオールラウンドにおススメです

>>Looopでんきの口コミや評判

 

おすすめ③:エルピオでんき

エルピオでんき


  • でんきとガスプランがある。セット割は更にお得!(セット割は関東のみ)
  • 月ごとにキャンペーンがあり面白いし、結構お得な内容
  • 24時間365日のサポート体制があるため安心
  • 30A未満のプランがないため、超節約家の人には不向き
  • 電気量に比例した従量料金が他の新電力と比べても安いためお得!
  • 契約期間の縛りもなく、解約金も0円
電気とガスのセットの申し込みでは福島県民の方に1番おススメ!このプランは非常に評価高いです。サポートも安心♪

>>エルピオでんきの口コミや評判

 

おすすめ④:リミックスでんき

リミックスでんき


  • 基本料金&従量料金が最大5%OFFずつ安くなる!(一部例外プランがあるが基本5%OFFのため非常に料金が安い!)
  • 1人暮らしの人もほぼ確実に安くなる珍しい新電力
  • 解約手数料は0円なので、気軽に申し込みが可能
  • 支払方法はクレジットカードのみなので口座振替を希望の人は残念
  • プランは「電気代割引プラン」と「仮想通貨付与プラン」のみだがどちらも5%OFFベース
  • とにかく面倒なことを抜きにして確実に電力料金を安くしたい人にはシンプルで解りやすい
1人暮らしで電気代安くしたい人はリミックス電気です。新電力は基本的に家庭向けのサービスですが、リミックス電気は1人でも安くなります。福島県に単身赴任で来た人や学生さん、独身の方にはNO1

>>リミックスでんきの口コミや評判

 

おすすめ⑤:ENEOSでんき

ENEOSでんき

  • ポイントカードの提携が多いため色々なカードに適応
  • 唯一無二?ガソリン代も安くなる新電力
  • 電気代自体もトップクラスに節約できるので嬉しい
  • どれくらい年に電気代が安くなったかが賞状みたいなのが届くため解りやすい
  • 電気のトラブル緊急駆け付けサービス24時間365日
  • 大手の為サポートもかなり充実している
  • 選べる特徴的な料金プランはない
車持ちでガソリンも気になる人はENEOSでんき。逆に福島県で車持ちでない人は上記の4つの新電力から選んだ方が良いです。でもENEOSでんきとして電気代もちゃんと安くなります。

>>ENEOSでんきの口コミや評判

 

福島県の電力に関する口コミや噂

福島の電気代や電力の口コミ

 

 

 

 

 

新電力の選び方と比較

新電力の選び方と比較

1人暮らしは確実に電気代が安くなるところを選ぶ

基本的に新電力は1人暮らしの人には不向きな傾向にあります。

この理由は1人暮らしの人は生活スタイルが様々だからです。

例えば社会人の出張が多いサラリーマンで家に居ることが平日でもほとんどなくて、休日も仕事が多いという人はほとんど電気を使わない事になります。

なので、元々の電気代が安すぎる人はそこまでメリットありません。

ただ確実に安くするにはリミックスでんきを選ばれると良いでしょう。

 

3人家族以上など電気を多く使うご家庭は電力量料金が一定がいい

従量料金のことですが、電気代は3段階で高くなっていきます。なので、一定の料金の場合の方がお得なケースもあるということです。

ただそこまで気にしなくても良いと言えば良いです。

新電力の場合は上記の会社であればどれを選んでも多く使う人ほど、お得にはなる電気料金サービスです。

使い方によって選ばれればよいでしょう。

 

解約金に注意する

北海道電力から他の新電力へ乗り換える際には解約金は発生しません。

しかし、新電力から新電力へ乗り換える際には解約金が発生する場合があります。

 

新電力へ切り替えて電気代が逆に上がってしまったら解約したいと考えますよね。

そこで高額な解約金があったらブレーキになってしまいます。

 

そのため、なるべくは解約金がかからない新電力を選ぶのが望ましいです。

 

携帯会社の新電力は慎重に選んで決めないとバカをみる

SoftBankやauではそれぞれソフトバンクおうちでんきやauでんきの携帯会社で電気事業を行っております。

スマートフォンの機種変更やプラン変更などで携帯ショップへ行った際に提案された方も多いのではないでしょうか。

私が勤めていた携帯ショップは必ず訴求するよう言われておりました。

 

もちろんこの新電力は悪いものではなく、SoftBankは1%確実に安くなりますしauは支払いに応じてポイント還元してくれ、さらに期間限定でスマホ料金が安くなるなどお得になります。

しかし、他の新電力に比べるとそこまでお得にならないのがリアルな答えです。

 

もちろん携帯会社で申し込んだのも間違いではなく、不安になる事もありません。

なぜなら新電力は簡単に乗り換えることができるからです。

次の項目では新電力の乗り換え方法について解説します。

 

新電力の乗り換え方法は単純明快

電力会社の乗り換えってなんだかめんどくさく感じる方もいるのではないでしょうか。

工事が必要だったり解約の申請などめんどくさいと思ってしまうかもしれませんね。

 

安心してください。実は全然そんなことないのです。

新電力への切り替えは非常に簡単ですよ!

 

新電力への切り替えは非常に簡単で、新電力へ申し込むことだけなんです。

現在利用している電力会社への解約手続きは、基本は申し込んだ新電力会社が全て行ってくれます

 

また、新電力へ切り替える際に工事はありません。

 

乗り換えに必要なもの

現在北海道電力を利用中の方は新電力へ切り替える際に必要なものは特にありません。

 

新電力から他の新電力へ乗り換える際には、『供給地点番号が必要』になります。

検針表に記載されているので申し込みの際に入力してください。

 

新電力によっては支払い手続きに書類の郵送が必要な場合がありますので、申し込んだ新電力の注意事項など参照してください。

 

福島県の電力対応エリア市町村区はどこ?

福島市、会津若松市、いわき市、白河市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、鏡石町、天栄村、下郷町、檜枝岐村、只見町、南会津町、北塩原村、西会津町、磐梯町、猪苗代町、会津坂下町、湯川村、柳津町、三島町、金山町、昭和村、会津美里町、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村

東北電力エリアの範囲なので、上記の市町村区がエリア内になります。

新電力でも供給は元は同じです。

 

まとめ

福島県が電気代が高いと言われている理由としては「夏は暑くで冷房を使う機会が多く、冬は寒くて暖房を使う機会が多い」というのが電気代が高くなる原因として大きいようです。

新電力はサービス内容を把握すればかなりお得に家計を済ます事が出来ます。

しかも1度契約してしまえば後は特にすることもないので、手間が掛かりません。福島県で電気代を節約したいと思っている人は新電力に変えるのはチャンスだと思います。

エネルギーの消費に関しては世界的に問題視されている件なので、国もバックアップしていることから内容を理解して良い新電力会社を選択できればコスト削減にかなり繋がると思います。

-都道府県

© 2021 新電力で電気代を節約する比較サイト~デンガス革命~ Powered by AFFINGER5