ENEOSでんき

ソフトバンクのおうちでんきとENEOSでんきを比較|どの電力会社がどんな人に合うのか説明

この記事ではソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきを比較して解説しております。

 

ソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきでお悩みですか?

2016年から電力自由化になり様々な企業が電力事業に乗り出してきました。

 

スマートフォンがソフトバンクの場合はソフトバンクショップでソフトバンクおうちでんきを勧められた方も多いのではないでしょうか。

家電量販店やガソリンスタンドでENEOSでんきを勧められたかもしれませんね。

 

この二つの新電力のどちらを選んで良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこでこの二つの新電力の特徴とエリア別に料金を比較しました。

この記事でわかること

  • ソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきの比較
  • ソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきの料金をエリア別に比較

 

ソフトバンクでんきとENEOSでんきのそれぞれの特徴を知ろう

ソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきはどちらも有名企業の新電力です。

名前が有名なだけにどちらを選んだら良いのかわからない方も多いでしょう。

 

まずはこの二つの新電力の特徴を紹介します。

 

ソフトバンクでんきの特徴とは

ソフトバンクおうちでんきは、ソフトバンクが運営する新電力です。

基本料金は各地域の電力会社と同額で、従量電力料金は各地域の電力会社から1%引きになるのがソフトバンクおうちでんきの料金システムで、確実に安くなります。

 

ソフトバンクおうちでんきの特徴は以下のものがあります。

ポイント

  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーがお得になる
  • おうちのトラブルに無料で対応してくれる

 

同じソフトバンクが運営するソフトバンクスマホユーザーやワイモバイルユーザーは電気代が安くなる仕組みになっています。

 

具体的に言いますと、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーは電気代がスマホ1回線につき100円引きになります

またソフトバンクおうちでんきはおうちの水漏れや鍵の紛失などのトラブルが起こってしまた場合などのトラブルに24時間365日無料で対応してくれます

 

ENEOSでんきの特徴とは

ENEOSでんきはガソリンスタンドで有名なENEOSを運営しているJXTGエネルギーの新電力です。

全国で発電設備を運営し、2003年から始めた電気事業を活かして2016年から家庭用の新電力がスタートしました。

 

特徴としては2年以上の利用約束で「にねんとくとく割(表記はとくに二乗)」が適用され、1〜2年目では1kWhあたり0.20円(税込)割引になり、3年目以降では1kWhあたり0.30円(税込)割引になります。

 

ただし、にねんとくとく割を適用すると二年以内の解約で違約金が発生します

ポイント

  • Tポイントが貯まる
  • ENEOSカードの利用でガソリン代が安くなる
  • 電気のトラブルに24時間365日対応してくれる

 

ENEOSカードを利用している人ならガソリン代が安くなる特徴があります

またENEOSでんきは電気のトラブル時に24時間365日点検・調査・応急処置の出張サービスのサポートがあります。

 

ソフトバンクでんきとENEOSでんきの料金を地域エリア別比較

ソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきは実際にどちらが安いのか料金で決めたいですよね。

特徴としてはソフトバンクおうちでんきの場合、電力量料金が地方電力の1%引きの料金になります。

 

ENEOSでんきの場合は料金が段階的に変わり安くなります

利用可能エリアはそれぞれ事なり、共通としている以下のエリアのみ比較致しました。

 

共通利用可能エリア

  • 北海道電力エリア
  • 東北電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 四国電力エリア

 

北海道電力エリアの場合

北海道電力エリアのソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきの料金を比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
10A 341.00円 341.00円
15A 511.50円 511.50円
20A 682.00円 682.00円
30A 1023.00円 1023.00円
40A 1364.00円 1364.00円
50A 1705.00円 1705.00円
60A 2046.00円 2046.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
120kWhまで 23.73円 23.26円
120kWh〜280kWh 29.95円 28.54円
280kWh以上 33.64円 30.93円

比較するとENEOSでんきの方が全体的に安くなります

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーはスマホ代が100円引きになるメリットがありますが、それでもENEOSでんきんほうが安いでしょう。

 

東北電力エリアの場合

東北電力エリアのソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきの料金を比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
10A 330.00円 330.00円
15A 495.00円 495.00円
20A 660.00円 660.00円
30A 990.00円 990.00円
40A 1320.00円 1320.00円
50A 1650.00円 1650.00円
60A 1980.00円 1980.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
120kWhまで 18.39円 18.38円
120kWh〜300kWh 25.07円 24.43円
300kWh以上 28.98円 27.23円

120kWhまでの料金はほぼ変わりませんが全体的にENEOSでんきの方が安くなります

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーで一人暮らしの場合はソフトバンクおうちでんきの方が安くなる可能性があります。

 

東京電力エリアの場合

東京電力エリアのソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきの料金を比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
10A 286.00円 286.00円
15A 429.00円 429.00円
20A 572.00円 572.00円
30A 858.00円 858.00円
40A 1144.00円 1144.00円
50A 1430.00円 1430.00円
60A 1716.00円 1716.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
120kWhまで 19.68円 19.88円
120kWh〜300kWh 26.21円 24.54円
300kWh以上 30.26円 26.22円

120kWhまではソフトバンクおうちでんきの方が安くなります

それ以上であればENEOSでんきがお得になっていきます

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーで一人暮らしの場合はソフトバンクおうちでんきの方が安くなる可能性が高いでしょう。

 

しかし電気を多く使う家庭ではENEOSでんきの方がおすすめになります。

 

中部電力エリアの場合

中部電力エリアのソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきの料金を比較します。

 

基本料金

契約アンペア数 ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
10A 286.00円 286.00円
15A 429.00円 429.00円
20A 572.00円 572.00円
30A 858.00円 858.00円
40A 1144.00円 1144.00円
50A 1430.00円 1430.00円
60A 1716.00円 1716.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
120kWhまで 21.04円 20.85円
120kWh〜300kWh 25.51円 24.77円
300kWh以上 28.04円 26.49円

全体的にENEOSでんきの方が安くなります

電気の節約を多くしてあまり使わない一人暮らしでソフトバンク・ワイモバイルユーザーならばソフトバンクおうちでんきの方が電気代が安くなる可能性があります。

 

関西電力エリアの場合

関西電力エリアのソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきの料金を比較します。

 

最低料金

ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
285.00円(15kWhまでの使用) 285.00円(15kWhまでの使用)

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
120kWhまで 20.30円 20.31円
120kWh〜300kWh 24.10円 23.99円
300kWh以上 27.80円 26.80円

120kWhまではソフトバンクおうちでんきの方が若干安くなります

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーで一人暮らしの場合はソフトバンクおうちでんきの方が安くなる可能性がありますが、電気を多く使う家庭ならばENEOSでんきの方が安くなるでしょう。

 

中国電力エリアの場合

中国電力エリアのソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきの料金を比較します。

 

最低料金

ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
336.87円(15kWhまでの使用) 337.37円(15kWhまでの使用)

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
120kWhまで 20.55円 20.58円
120kWh〜300kWh 27.16円 26.50円
300kWh以上 29.26円 27.51円

120kWhまではENEOSでんきの方が少しだけ高くなりますので、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーで一人暮らしの場合はソフトバンクおうちでんきの方が安くなる可能性があります

 

しかし120kWh以上からENEOSでんきの方が安いので電気を多く使うならENEOSでんきんほうが安くなるでしょう。

 

四国電力エリアの場合

四国電力エリアのソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきの料金を比較します。

 

最低料金

ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
411.40円(15kWhまでの使用) 411.40円(15kWhまでの使用)

電力量料金(1kWhあたりの料金)

ソフトバンクおうちでんき ENEOSでんき
120kWhまで 24.50円 20.36円
120kWh〜300kWh 26.72円 25.92円
300kWh以上 30.19円 27.91円

 

全体的にENEOSでんきの方が安くなります。

一人暮らしのソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら安くなる可能性がありますが、単価を見てもENEOSの方が安くなる可能性が高いです。

 

まとめ

ソフトバンクおうちでんきとENEOSでんきを比較した結果

  • 一人暮らしでソフトバンク・ワイモバイルユーザーならソフトバンクおうち電気の方が安くなるかもしれない
  • 全体的にENEOSでんきの方が安くなる
  • ENEOSでんきならTポイントなど料金以上にお得になる

まず大前提にソフトバンク・ワイモバイルユーザー以外はソフトバンクおうちでんきにするメリットがありません

一人暮らしの場合はソフトバンクおうちでんきの方が安くなる可能性がありますが、全体を通してENEOSでんきの方が安くなります

月間の電気使用量が280kwh以上であれば東京・中部・四国・中国エリアは特に電気代金は使うほど安くなる傾向です。2人暮らし以上であればこの電気量はオーバーする人がほとんどなので、ENEOSでんきの方がシンプルにお得です。おうちでんきでは他のメリットはほぼないですが、ENEOSでんきはガソリン代や連動カードポイントもつくので、他の使用者の人気も非常に高いです。

ENEOSでんきは電気代の支払いに応じてポイント還元もありますので電気代が安くなる以上にお得になります。

迷った場合はENEOSでんきを検討してみてはいかがでしょうか。

-ENEOSでんき

© 2021 新電力で電気代を節約する比較サイト~デンガス革命~ Powered by AFFINGER5