あしたでんき

あしたでんき1人暮らしの場合の料金を解説|月別の料金シュミレーション

あしたでんき1人暮らし料金

この記事では一人暮らしであしたでんきを使う事について解説しております。

 

一人暮らしの方であしたでんきに切り替えようとお考えですか?

あしたでんきは電気代が安くなると評判なので気になる方も多いのではないでしょうか。

あしたでんきは新電力の中でも評判や人気は高いです

しかし一人暮らしの場合はどうなのか気になるところですね。

新電力によっては一人暮らしの場合、逆に高くなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

そこであしたでんきを一人暮らしでシミュレーションした結果を解説致します

この記事でわかること

  • 一人暮らしのあしたでんきの料金
  • 一人暮らしであしたでんきのメリットとデメリット

 

一人暮らしであしたでんきを利用する場合の料金を解説

一人暮らしの場合にあしたでんきに切り替えた場合はどれくらいお得になるのか気になりますよね

先に言っておきますとあしたでんきは一人暮らしの場合高くなる可能性があります

 

料金の単価とシミュレーション結果で解説します。

あしたでんき東京電力の料金

東京電力の従量電灯Bとあしたでんきを比較したものです。

 

基本料金

契約アンペア数 東京電力従量電灯B あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
10A 286.00円 0円 3,000円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円

 

電力量料金(1kWhあたりの料金)

東京電力従量電灯B あしたでんき標準プラン あしたでんきたっぷりプラン
120kWhまで 19.88円 26.00円 21.50円
120kWh〜300kWh 26.48円
300kWh以上 30.57円

 

あしたでんきの標準プランは基本料金がないですが、たっぷりプランは3000円です。

そのため、一人暮らしでは標準プランを選ぶ方が良いです

 

確かに電力量料金はたっぷりプランの方が安くなりますが、4人世帯と比較すると電気をあまり使わないと思いますので基本料金が0円の標準プランの方が安くなるでしょう。

東京電力とあしたでんきの標準プランを比較すると120kWh以上からあしたでんきの方が安くなりますが、120kWh未満ではあしたでんきにすると高くなる可能性があります

検診表をしっかりと見て比較する事をおすすめします。

1人暮らしの場合のあしたでんきの月別料金シミュレーション

暦/月 今までの電気代の内約 あしたでんきの電気代の内約 電気使用量
1月 5,362円 5,378円 200kWh
2月 5,203円 5,193円 194kWh
3月 4,779円 4,773円 178kWh
4月 4,143円 4,136円 154kWh
5月 4,249円 4,255円 158kWh
6月 4,461円 4,459円 166kWh
7月 5,097円 5,042円 190kWh
8月 5,626円 5,486円 210kWh
9月 5,150円 4,886円 192kWh
10月 4,514円 4,165円 168kWh
11月 4,726円 4,283円 176kWh
12月 4,991円 4,458円 186kWh
合計 58,301円 56,514円 2,172kWh

東京電力エリアで従量電灯Bで30A、一月に200kWh利用した場合のシミュレーション結果です。

 

東京電力エリアでは年間を通して1,787円お得になります。

ただし、120kWm未満の場合は高くなる可能性がありますのでご注意ください。

 

あしたでんき一人暮らしで利用する上で知っておきたいメリットとデメリット解説

あしたでんきは一人暮らしの場合も電気代が安くなる可能性があります。

それでは一人暮らしで利用する場合のメリットとデメリットについて解説致します。

 

基本料金が0円で使った分だけの支払い

あしたでんきの標準プランは基本料金が0円です。

使った分だけの支払いとなります。

 

一人暮らしで長期休暇があった場合、家にいないのに電気代を払うのってなんかいやですよね。

東京電力では基本料金がありますが、あしたでんきは基本料金がないので、極端に言いますと電気を全く使わなければ電気代がありません

 

そうは言っても冷蔵庫など稼働させていると思いますので少しは電気代を払う事になると思いますが電気代を節約できる可能性があるでしょう。

 

解約金がないので、急に戻したくなってもOK!

あしたでんきに切り替えて逆に高くなったら解約したくなりますよね。

一人暮らしだと余計に気になるものです。

 

あしたでんきは解約金が0円なのでお試し感覚で切り替えることができます

 

新電力の中には解約金が10,000と高額なところもありますので嬉しいポイントです。

 

電気利用料をWebでチェックできる

あしたでんきに申し込むとスマートメーターが設置されます

このスマートメーターによってWebのマイページから電気の使用量をチェックすることができます。

これにより何に電気を使っているのかがわかる事もあり、節約の対策になります。

 

支払いがクレジットカードのみ

あしたでんきのデメリットとしては支払い方法がクレジットカードのみなところです。

電気代の支払いを口座振替にしたい方もいますね。

クレジットカードを利用したくない、何かしらの理由で作れない方もいるでしょう。

 

特に学生ではクレジットカードを持たない方が多いですね。

 

口座振替やその他支払い方法は対応しておりません。

 

まとめ

あしたでんき一人暮らしのまとめ

  • 一人暮らしでも電気代が安くなる可能性が高い
  • たっぷりプランは高くなるから標準プラン
  • 申し込みと解約に費用がないからお試し感覚で切り替えられる

一人暮らしでのあしたでんきについてまとめました。

結論としては、電気代が安くなる可能性がある事です。

確実に安くなる事はなく、場合によっては高くなってしまう事もあるでしょう。

年間を通して月の平均が150kwh以下の人はムリに変えなくても良いでしょう

一人暮らしでは基本料金3000円のたっぷりプランではなく標準プランがおすすめです。

 

基本料金がないのが魅力的ですが、120kWh未満では東京電力の方が安くなります。

 

確実に安くしたいのであれば、電力量料金が一定のあしたでんきではなく、ENEOSでんきのように段階的に電力量料金が上がりますが東京電力よりも安くなるところを選ぶ方が安心しますね。

 

しかし初期費用や解約金がないのでお試し感覚で切り替えてみるのも良いでしょう

 

一人暮らしで光熱費を節約したい場合には新電力がおすすめですので、このサイトで参照しえさらに詳しく調べてみてはいかがしょうか。

あしたでんきの関連記事

-あしたでんき

© 2021 新電力で電気代を節約する比較サイト~デンガス革命~ Powered by AFFINGER5